FC2ブログ

記事一覧

ネービー通信(岡田三男発行)


「ネービー通信」は元海軍陸戦隊員、現いわき市で悠々自適の生活をおくっている岡田三男氏の、アナログブログのような記述物で、平成17年4月23日、第19号が発行された。
今回は「私の人生記」も一緒だった。
岡田さんの話の中で印象的だったのは、任務で硫黄島に行った時の話だ。硫黄島は2万人が玉砕した島だ。おそらく戦史上、最大の戦いのひとつであったろう。戦闘が始まる前にそこを見て来たのは貴重な体験だ。
いつもか辛口のコメントがある。「日支間の紛争は今に始まったことではない。」の文章には大いに共感を覚えた。1927年3月の第一次上海事変、1932年の第二次上海事変。段階的に日本の投資の足元を見て、過大な要求を出し、日本に無理難題をつけてきた過程をよく研究すべきだと。現在でも外国公館を暴力で破壊するような近代国家はあるのだろうか。
岡田さんは「岡田陸戦隊」を組織して、靖国神社参拝を繰り返されていた。
写真はそのときのものだ。これを見たら小泉君の参拝などおとなしいものだ。文句のつけようがない。

反戦を旗印とする某新聞社が、旭日旗を使用していることを、中国人はこの新聞社は軍国主義を反省していないと非難しないのであろうか。世の中、常識のほうが通らない。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ