fc2ブログ

記事一覧

日本の大砲

佐山二郎さんの本だ。大砲は明治以降、後装式になったと言うことはなく、前装式も使われていたようだが。信管がどうだったか、史学会ではいろんな人がいろんなことを言い、何か良い本はないですかね。
丸弾時代は、木製の軸に火縄を入れたとアメリカで前装砲のレプリカを持っていた友人の話。
彼の砲は野砲で小型、口径は3インチくらいか。でも空砲で発射してもすごい! 空気の振動、先に駐車してあった娘の小型車が浮き上がるような感じ。とても砲に向って、映画のような突撃は出来ないと感じました。全て実物を観ないと何も言えない。ちなみにレプリカの野砲は100万円くらいだったとのこと。

スポンサーサイト



コメント

No title

佐山さんの書籍 何冊も持っています 緻密な図面と写真大変貴重な資料として役立っています 最近2年ぐらいでしょうかグランドパワーに毎月ページを割いて写真や図面の紹介にて販売の書籍を更に詳細にした月掲載にてこれも貴重な資料です 但しこの時代の砲となると非常に細部が複雑で製作は容易ではありません

No title

佐山さんは家中を原寸図面の保存に当ててます。偉いことです。

No title

史学会 会員ですね 機会があれば一度お会いしたいものです

No title

お手紙を書いてみたらいかがでしょうか。

No title

住所わかりません

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ