fc2ブログ

記事一覧

ザ・ショートオブザ・ロング


タレントズードットコムに昔、ニューヨークで一緒だったマーティン・ベールというライターが書いた
エッセイだ。彼はどこかに引っ込み、親父と息子と3人で暮らしているはずだが、大学で広告を教えている。

なかなか意味深い題だ。
さすがにライターだ。人生の短さを言っているのか、逆に長い人生のなかで一時の苦闘を言っているのか
両方だろう。

中に「広告はアートをコマース(商売)に使っているが、アート自体は儲かるものではないと」
これは広告だけでなく多くの著名なアーティストが在命中によほど運が良くなければ財をなせなかったのと同じだ。平山 郁夫さんは画いてくれる人もいるし、大金持ちだが。

音楽、グラフィック、ライター、プランナー、デザイナー、呼び名はいろいろ日大芸術学部でないが、この手の職業を目指す若者は多い。
だけど、これだけは確か、マーチンの言うように、この仕事、基本的に他人を儲けさすもので自分は儲けられない。

また、これだけモノが売れないと広告は必要ない。アーティストの仕事は少なくなる一方だ。
残念だが。社会の華やかさが消える。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ