fc2ブログ

記事一覧

シュイット博士の記事


昨日は落ち着かぬ日、選挙はあるし。

一昨日、「愛好家」さんが持って来たくれた依頼した作業モノを見ていた。その時、彼からドイツの信号銃の収集家はこの人ではないかと、月刊「ガン」誌2008年11月号を見せてくれた。

中に著名なレポーター「床井氏」の「シグナルピストルコレクター」と言う記事、14ページがあり、ほとんど本だが、それを読んだ。

どうもこの床井さんが取材した方が、シュイット博士と確信だが、名前が少しちがう。
欧米の場合、著名なコレクター、美術品でも実名を使わないことが多いのでどちらかが、もしくは両方が偽名かもしれぬ。

収集物の収納、ディスプレー、何回かこの規模のものは見たが、これはきちんとしている。

最期に床井さんが「資料」のことを述べていたが、私は日本軍の信号弾教本陸軍を、もっているので、
35mm薬莢、これは縁が違う者が2個。縁の刻みを探り暗闇で用意したからだ、なとの写真、コピーを
用意しておこう。

画像は雑誌の一部。私も昔は月刊ガンに書いていたが、当時ディスクで渡したもんを打ち直すという工程で間違いが多く、辞めた。

スポンサーサイト



コメント

No title

こちらこそ楽しくお話しました。ガスレギュレターの直径が少し
小さいかなと言う程度。良く出来てました。有難う。

No title

ここ最近、japaneseweapons様が新しく書かれた記事をすっかり見ませんでしたが、やはり辞めてしまわれましたか。

paneseweapons様が書かれた記事は旧軍の小銃(火縄銃で鎧を撃つ記事もございましたね)を独特の目線から切り込んだ内容が濃くてとてもおもしろく、いまでもその記事をスクラップ帳に大事に保管しています。

No title

いや、辞めてないですよ。昨日の銃砲史学会でT氏が私の最近の作、
「日本の火縄銃3」電子版をプリントアウトして綺麗に装丁し、持ってきました。我ながら良くできてました。今は日本前装銃射撃錬盟を
熱心にやってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ