fc2ブログ

記事一覧

FUさんの苦闘


そういうことだったのか。
長崎の選挙民として、薬害訴訟原告団の女性Fか、古タヌキCか。
私でも迷う。

またFUさんは被爆しているから、特に自分の思いと、現実の狭間で果たして投票すべきか迷ったのだろう。
彼女が当選したが、いずれ大きな野望に利用されるだろうと思う。殆どの民主党の当選者は政治を知らない人間で、これで独裁の党になったから、何でもできる、その駒としてだ。これも可哀想だ。

古タヌキは実績も実行もしてきただろうが、果たして新しい時代の人か。これも疑問だ。多くの古タヌキが消えたのは今回の選挙の第一の評価だ。比例で残ったのもいるが。

選挙は「感情」のものではない。「人間」をみるのが基本だと誰かが言った。
その通りだと思う。

でも今回はマスコミがあおり過ぎた。
野口論説委員の話、数ヶ月前だったが、民社は勝つ、しかしそれが大きいほど混乱が大きくなり、結局は分裂、再統合で新しい対立になると。想像もつかないが。

なお、衆参のねじれは修正されないそうだ。
1年もてばよい、衆参両院選挙くらいになるではないか?

混んでいたホーム、一瞬、誰もいなくなった。

スポンサーサイト



コメント

No title

マスメディアが予想したとおり、というより紙面・画像で繰り返し、刷り込んで操作したとおりの結果になりました。
選挙制度の特徴とはいえ、つくづく一方から一方へ雪崩を打つ極端な国民性です。

鳩山由紀夫代表、祖父一郎と吉田茂の関係まで遡る、恩讐を果たした思いでしょう。次は官僚群との対決が待っています。
祖父は2度にわたって疑獄で検察官僚に首を取られた。代表の脳裏にもまた、その「歴史」が去来しているのではないでしょうか。

No title

彼女は面識はありませんが、後輩です。彼女を見ているといたいけないでしょう。しかしこの度の風をおこし、ストーリーを牽引した人の凄さをあらためて見せてもらいました。同じ後輩同輩でも大きなちがいですね。私は終了間際の人気ない選挙所で分裂選挙をしてきました。我ながら思いもかけない結論でしたが、終わってみれば案外スッキリした気分でした。選挙は感情ではない、と言われながら、やはり論理ばかりではないような。

No title

その通りでしょう。私も友人の動向が心配でしたが。古タヌキ一掃の効果は出てくるでしょう。次ぎの衆議院選挙はもう来年だと思います。

No title

「小沢ガールズ」は「チルドレン」以上に話題性や見た目でビジュアルに訴えて大成功ですね。流石は裏方で選挙負けた事のないガマさんの仕切り。彼女たちがタレント候補以上に政治家としての資質があるのか疑問ですが、、、でも、こうなると「土建屋以上のネタ」を握っている古巣が黙っていないでしょうね。ガマさんもハトさんも「あんなもんじゃない」というウワサですからね。天下りを潰された高級官僚も全面支援するのは明白です。醜聞解散か、野党時代「即効性」を強調していた「各種案件」でこけて早ければ年度末、遅くとも参院選の頃には空中分解ではないでしょうか?「陸兵派遣」の前代表と「軍備撤廃」のみずほちゃん、旧社会党民主勢力・・・三竦みにならなければいいですが・・・

No title

今の民社党にはプロの政治家は社会主義者を除き10%-15%くらいじゃないですか。参院も。社会主義者の突き上げは今度は本格的で、防衛費の削減、縮小は避けられないでしょう。しかし、社民がいないと、参院の多数にならないので、意外に短いのではないですか。
太田さんもそれまで頑張って欲しい。

No title

2年持ったら、もういいと思います。

次期政権が2回くらい予算編成をやれば、すでに浮き足立っている利権団体は自民党と完全に縁が切れるでしょう。
2万人もの高級官僚が天下る特殊法人。ここへ様々な名目で流れている12~13兆円に上る国家財源も「埋蔵金」として掘り起こされ、召し上げが完了するでしょうし。

大切なのは、自民党(自民でなくても)のリベラルでまともなな保守本流(あまり思い当たらないのが残念ですが)がなんとか政界で生き残って欲しい、ということです。近い将来に必ず出番が来ます。

No title

選挙後の態度を観ていると、16日の臨時国会首班指名などの対応は自民は大人です。今回の敗北で、古タヌキが一掃されたのはひとつの転機。しかし自民は自民でなく、再編の波が押し寄せるでしょう。
福島、亀井、とハトさんどうも見ててももうしっくりしてない。しかし連立にしないとこの前の逆、参議院で困ってしまうし。

No title

フクシマとハトは水と油
しかしフクシマはガマに巧く操られると思われ

No title

国民は折角、彼等の公約(マニフェストとやら)に期待したのだから、余計なことに力をそがれず、よきにせよあしきにせよ全力注入をハトには臨む。

No title

もうマスコミの民主マニュフェストの追求が始まってます。選挙前の自民攻撃に比べると大甘ですが、、、「配偶者・扶養控除の廃止が配布したマニュフェストに記載がない」・・・実際に26000円丸まる貰える世帯は皆無、義務教育の子供が居ない所帯持ちは増税という「自民だったら連日トップで叩いたであろう」内容です。これは選挙終盤までマスコミは報道しませんでした。これは公選法違反だと思うのですが、、、「民主が勝った」ではなく「自民が負けた」というのを忘れた瞬間が、民主党政権崩壊の始まりです(もう、端緒は見えていますが・・・)。

No title

単純に数式の計算。小中学生が「応用」が弱いと先日の全国試験で
指摘されたが、全国民が弱い。高速道路、ガソリン税も車のない層、
ビンボウな人々の税金で賄うわけだから、あちこち破綻しますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ