FC2ブログ

記事一覧

[パールハーバーと太平洋の戦い」に見る日本軍装具と小銃



先週紹介したこの本は大型で、見開きのカラー写真が特徴である。
日本軍の装具は、左に珍しい衛生兵の携帯装具と右には将校の観測装具などがある。
小銃の見開きページには、第二次大戦中使われていた、各種の小銃と弾薬盒、銃剣が紹介してある。

衛生兵用の皮革製の装具は、後弾薬盒を大型にしたようなもので、内部に10本の瓶入り薬が収納されるようになっている。その間には簡単な治療具、包帯などが収められていたようだ。
完全なものは見たとがない。上のものと下のものは同じ仕様である。
ロンドンの英国戦争博物館に同様なものがあった。またウエストポイント博物館には大型の木製箱に
整然と収納された日本軍の携帯用外科手術具があった。
下に引いてあるバナーはどこかの赤十字社支部開設記念のものであり、軍用のものではない。

将校の装具は陸海軍のものが混在しているが、注目すべきは下方にある、耳栓だ。木製の収納箱とベークライト製の本体が見える。実際には、大と小、二つのサイズがあった。

小銃、銃剣類は大体、収集家がまず第一段階で集めるものだ。
一番下は8分7に縮小した、南部製の年少者用、三八式型教練銃だ。滑腔だが、弾丸が回転する仕組みの
なかなか優れた設計の教練銃だった。

スポンサーサイト



コメント

No title

な~んだ。ふと分解図を見て二式テラかと思いました。あまり詳しくないので、判断がつきませんでした・・・

No title

その上、下から2番目はご指摘の銃です。割りに沢山残ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ