FC2ブログ

記事一覧

久しぶりに六本木ヨルズに行った


昨日は朝、「2012」と言う映画を観に、自転車で快走しヒルズに行った。
本当は今、ヒルズには夜行かなければ、綺麗なイルミも見れないのだが。

映画はこれとタランティーノの「イングロリアスバスタード」が掛かっていたが、同行者がタランをヘイトしている。(コーエンも嫌いだそうだ。)
バスタードはオタク系の若者であふれていた。

「2012」は今年の初めにアメリカでは公開されて作品だが、今までにない規模のCGだとケイスケ先輩の評にもあった。

スピルバーグの「カラーパープル^」1985年の強欲な夫、そして「リーサルウエポン」段々良い家になる刑事などの黒人俳優、ダニー・ワシントンがとうとう「大統領役」になっていた。

アメリカ人はこの手の映画が好きだ。いくらでも出てくる。

M氏の言によればポケットに20ドルしかない、低所得者をマーケットにしているからだと。
そうかもしれない。不自然にマイノリティが重要な役だ。

地球の地殻が陥没するようなことになれば、小松左京の「日本沈没」、真っ先に日本列島が無くなる理屈だ。

スポンサーサイト



コメント

No title

2012面白かったですか?最後が絶望的になるのは見てて辛いので・・。先日スカパーでやってた映画でなんのけなしに見て絶望的な最後で物凄く気分が悪かったです。今でも引きずってます・・。一時期パニックムービーはやりましたね。1999年だったかな、懐かしい。

No title

2012はアメリカ公開は数週間前で、今年の初めでは無いよ。でもあっと云う間に高校生バンパイヤー「ニュー・ムーン」に追い抜かされた。

No title

インターネットムービーデータベースでは、012009となってました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ