FC2ブログ

記事一覧

株価の低迷


とりあえず、日本経済はどうなるか、あまり真剣に討議されてないようだ。

事業仕分けは全体予算の1%くらいだからミクロな問題、景気にはあまり関係ないとはしても、中長期な日本の方向性には大きな影響を与える。
科学技術開発予算のカットだ。ボディブローのように効いてくる。これをこないだまで台湾人だったレンホウ女史にやらせているのが問題だ。

公共事業は3月までは前政権の今年度予算で何とかなろう。その後が問題だ。

道路、新幹線、そして個人消費まで。
民主党マニフェストを本当に実施し、半分作ったものの途中で止めれば大いなる無駄ができるだけでなく、2番底、3番底、デフレスパイラルに陥ることは明白だ。

残念ながらそういう政権に騙された国民が悪かった。

日本全国、作りかけで止めてしまう工事のやまになろう。

円高の容認、株価の低迷にも何ら対策は打たれてない。よくトヨタさんなどは平気の平左だ。
自民政権を裏切った財界、お手洗いさんもまったくここのところ顔が出ない。

スポンサーサイト



コメント

No title

国内の数十、数百億規模の仕分けをして、鳩山のアフガンや途上国への数千億規模の支援、どう考えてもおかしい。 こんな調子でやられたら日本が完全にダメになる。
レンホウは80年代末、深夜にやっていたCNN ディウオッチで横に座っていて、ろくにしゃべれなかった小娘です。 たぶん、あれば一番最初にテレビのレギュラー出演だろうが、議員になれるぐらいだから、よほど中華の力が働いていたと思う。

No title

お金の使いかたがむちゃくちゃ。ルールも規律もない。景気が良くなるわけはない。レンホウは華僑の力なくして、今の地位はなく、華僑は日本に愛情などかけらも持ってないことは、終戦直後の態度を見ればわかる。

No title

公共事業(土木工事)は、黄金週間明けから調査開始、6、7月入札、お盆明けから10月に施工開始(出稼ぎ対策も兼)というのが、過去の慣例ですから、9月中旬の時点で施行開始に至っていなかった案件(半分くらいか?)は中止になってしまったようです。年末年始にかけて相当数の中小土建業者が倒産するでしょう。息も絶え絶えな状態でやっとカンフル剤がきた・・・と思ったところで「注射しない」ではね。「もう、新しい道路は要らない」とまで言い切っている与党議員は「恵まれた環境に育った」方ばかりなんでしょうね。

No title

民主党が助けてくれるとマスコミが煽り、それに騙された。

No title

何の失策も無い麻生首相や中川昭一さんを死に追いやったゴミ共を絶対に許さない。自民党にお灸をといったバカな国民達は自分達に火をつけてしまった。お灸ではなく、亜Qだったという話。「どこに入れても一緒だよ」って言う風潮、今まで自民党でやってきたから。一部のお役人の懐に税金が費やされても国民が安心して生活できるほうがいい。天下りは腹が立つが、役人が押さえとかないといけない部署もある。特定アジア人が入ると国益は全て持っていかれる。

No title

このご意見にはまったく賛同します。マスコミ、特にNHKは必ず、民主党もしくは新しい政策にに期待しますという言葉で終わるが、偽善。普遍不党などどこかに吹き飛んでいる。

No title

マスコミの怖さを知っている与党は、今後失策隠しで言論統制を始めるのではないでしょうか?「仕分け作業支持」を「鳩山政権支持」に捏造報道している場合ではないと思いますが、、、気付いた時には手遅れ!とならない事を祈るだけです。
仕分けで切られた先の人間の生存権すら認めないような論調には、うんざりです。「金は天下のまわりもの」善悪抜きに公共事業による刺激が一番効果的だったのは、補正予算執行停止で数字に出ているというのに・・・

No title

日本の転換期は来年にあるでしょうが、国民はマスコミにすっかり騙されているから、これは悲劇的な結果になることも予測されます。
自民党も誰か、強いリーダーシップが絶対に必要です。議会の今までに内容なめちゃくちゃな運営すら、報道では当たり前になってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ