FC2ブログ

記事一覧

今度は来る国防費削減


昨日は一年で一番、忙しい一日だった。
朝、車で火縄銃などを積んで、御殿場に行った。高速出口から富士学校の車に先導して貰い、須走まで行き、武器学校のために作った「日本銃砲史10章」を200人の開発実験団隊員に話した。

実物も3点用意して行ったので、隊員もそれを手に日本の銃砲史の特殊な部分に触れてくれたと思う。
昼食は隊でいただいた。
またインターまで先導して貰い、自宅に5時過ぎ帰った。

ニュースではいよいよ事業仕分けが防衛省にも及んでいることが報道されていた。また防衛大綱は来年度は据え置きだが、隣国は膨大な軍備拡張を行い、太平洋を目指しているのに、我が国はGDP1%以下を
守っており、過去数年間は同じ規模で5兆円弱だ。

疑いもなく、来年度予算ではかなりの削減が実施され、また2011年以降の方針は分らない。

日本の銃砲史を見る限り、兵器は国産と言うのが歴史が示した具体的な事実だ。
日本の防衛産業は危機に直面している。発注がないからやっていけないのだ。

折角、国民の独自の技術と国産化の方針でほぞぼそと科学技術の先導役になってきたが。民主党政権はどうしても日本の今までの優位性をあらゆる角度から弱めようとしている。これは懸念される。

スポンサーサイト



コメント

No title

スーパーコンピューターはどうやら国民の大反対が効いたらしく管ガンスが慌てて否定しだしましたね。しかしスプリング8やGXなどはまだ話を聞かないので心配です。民主党の沖縄委譲をご存知ですか?どんどん現実味を帯びてきてますよね。

No title

沖縄放棄は中国に太平洋でどっと押し出す力を与える。華僑、数世紀の夢が正に実現しようとしているが、実にうまい作戦であり、アメリカはそれを日本に口をすっぱくして説得しているが聞こうとはしてない。岡田君一人の問題ではない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ