FC2ブログ

記事一覧

少し心配な東京アメリカンクラブ


富士からもどり、カレが来ていたが、ゆっくり話しもできず、そのまま高輪の東京アメリカンクラブの
年次総会に妻と出た。

リー会長に約束していたからだ。
先日の日本人の会のときに私が日本人主催者の筋書きになかった発言をしたからだ。それで出ていた役員と日本人委員は私を覚えていた。

数字をみると2009年はそれまでに比べると全てが縮小している。これは麻布台から高輪に移転して、三菱地所が建て替えていることにもよるが、やはり本当の原因はリーマンショック以後外国人、特にアメリカ人の減少によるものだ。財務指標にはキャッシュフローは心配ないが、少し気に掛かるものがあった。

これからクラブの性格をどこにおくか。恐らく再来年の1月18日に完成する施設はかなりプレステージの高いものだ。しかも費用の値上げはしないとしている。

先日の日本人だけの会に比べると、外国人が主体での運営組織の説明、質問、回答は小気味が良いほど、テンポがあった。

その後、飲み物は始まる前から振舞われていたが、サンクスギビングのビュッフェが隣室に用意してあった。皆が挨拶してくれるので、帰るわけにはいかなくなり、8時から予約してあった寿司や松勘をキャンセルして、この食事とワインを楽しんだ。妻が家が近くに来ているアメリカ人夫妻と話をしていた。

帰りは歩きと思ったが少し行ったところで雨が降ってきて、丁度来たタクシーで帰った。

しかし、カレはもう風呂に入り、寝てしまっていたのが残念。
いつかは、クラブの何かの委員をやり、少しは運営に貢献しなければならないと感じた。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ