FC2ブログ

記事一覧

信州の火薬入れと火打ち道具


火縄銃を収集したり、射撃する人たちもあまり興味を示さない。
また最近はほとんど見かけないものだ。

先日、澤田さんと会ったあと、見つけたもので、火薬入れは蓋も木製、漆塗りだ。全長は40cmくらいか。特徴は刀の鞘型だが、真ん中付近から下は断面が楕円形で、上は○に近い。
帯に差して安定感があるように出来ている。
全体の大きさ、火薬を図る蓋から六匁ほどのわりに口径の大きな鉄砲用だ。

玉入れは厚い木綿の布製で、皮革製が多いなか、珍しい。

火打ち道具は典型的なもので、小型の革袋の下が鉄板、内部にホクチ、小型の石が入る。
こういうものもなかなか見なくなった。

信州から出た品だ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ