FC2ブログ

記事一覧

重籐の弓


和弓の製作はかなり複雑な工程だと考えられる。
原始的な弓は木を曲げただけだが、和弓は様々な素材を複雑に組み合わせてあり、漆をかけて固めてある。通常の弓は7尺、210cmの長さがあり、そりと反対に曲げ弦を張る。
使うときは画像のそりと逆に曲げる。

こういう構造だからところどころを籐で巻き、強化してある。
この日置流伝書には6種類の「重籐」、重ねて籐を巻いたからこう言うのか、詳しくは知識がない。別な巻物は10数種の彩色の画が載っていた。

各々に名前があり、これはすでに戦国期以前からあったのではないか。

強い弓はその断面がほとんど四角に近いくらい厚い。一辺が25mmくらいになっている。
一人では弦を掛けられず、二人力、三人力と弦を掛けるに必要な人数で弓の強さをしめした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ