FC2ブログ

記事一覧

ドットサイトと零戦コクピットのモックアップ



武器学校の倉庫から一昨年、九三式光学照準器が見つかり、昨年はそのモックアップができた。
司令が実測させて、画像のように製作した。
(これは以前も紹介したが)

光学照準器は中心線ではなくて、すこし右側にあり、目視の照準、使用するときは立てるがそれが少し
左にくるのが本来の付け方だそうだ。

ここまで作ったなら、座席と操縦棹があり、もっとシュミレーションが出来ると面白いが。
とにかく本物の九三式光学照準器だから、価値がある。

私の関心は、照準器のパッド、オリジナル、劣化しているをなんとか保護したいということだが。

スポンサーサイト



コメント

No title

この射爆照準器に日の目を見させていただき大変感謝しております。
実はjapaneseweapons様に辿りついた切っ掛けはこの照準器を発掘した経緯に興味があったからです。
また発掘された方が凄い方面の方だった事も驚きで、照準器だけでなく政治・火縄銃・火砲等々興味深くブログを拝見させて頂いた訳です。
重ねて感謝申し上げます。

No title

私は趣味でこの部分の製作をメインとしていて、ボランティアで次に納める物が終了した後第一風防の製作に取り掛かろうとしています。

現段階ではこの様な状況です。
http://8409.teacup.com/a6m232/img/bbs/0003566.jpg
http://8409.teacup.com/a6m232/img/bbs/0003566_2.jpg
http://8409.teacup.com/a6m232/img/bbs/0003566_3.jpg

射爆照準器は国内でも6個ほど見て来ています、そのうち一つはアメリカより里帰りさせて分解整備後、大刀洗平和祈念館三二型に装着させて頂いています。
照準器分解 http://www10.ocn.ne.jp/~a6m232/CCP019.html
照準器三二型装着 http://www10.ocn.ne.jp/~a6m232/CCP020.html

No title

以下全く失礼な話で恐縮ですが、私としてはこの部分を海外の航空博物館に負けないレベルでの展示を、日本の博物館でも目指して活動・探究している経緯がありますので、武器学校での製作時に携わる事が出来れば正確な形状寸法等協力できたのにと残念に思っています。(-ネジで旧ピッチ・ミリ単位での実物通りの板金製作等々、正確な物はでは逆に全くもって迷惑になる話しでしょうが・・・)
これまた失礼な話で恐縮ですが名航資料館の復元機では残念ながら不正確な部分も散見されるので計器板メインの私としては正確な方向に実現出来たら幸いな訳です。

もし今後座席・操縦桿等まで拡大して製作することがあれば、操縦桿・座席等採寸できる物は持っていますので協力可能です。

また夢話となってしまいますが^^;私が定年まで残る10年を操縦席復元を仕事として費やす事が出来れば操縦席が完成し、あの素晴らしい土浦の環境で展示出来てしまうと夢想してしまいました。

全く余計な話まで書いてしまい失礼しました。

No title

有難いお話です。ご協力をお願いするかもしれません。また以前の学校長、エフ氏が海原会の依頼で予科練館をリニューアルするお仕事に掛かりました。

No title

良く分かりました。また何かとよろしくお願いします。
千葉のひとびとにはお世話になってます。特に佐倉のエヌさんなど。

No title

ご理解いただけて何よりでした。

S・Hさまが来日されており、一昨日にKさんの博物館へご一緒し
私を含め3名で旧交を温めておりました。
その折に、japaneseweapons様とのやり取りがあった件を双方に伝えておきました。

ありがとうございました。

No title

こちらこそありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ