FC2ブログ

記事一覧

鹿の的とディアハンター


日置流伝書の的の画のひとつだ。
実物大に紙にえがき、それを固定し、狩猟の練習に使ったものと思われる。
鹿と先に紹介した猪は詳細な動物としての画が掲載されているが、的は鹿だけだ。

鹿は横から射たほうが的が大きく命中が狙えると思うのだが、これは向かってくる図だ。

鹿は上を見ない。
それでアメリカで、バッキーと前装のケンタッキーライフルで狩猟に行ったときは、丘、樹の上の台に上り、下の開けたところに鹿が出てくるのを待った。
やがて森のなかから、群れが出てきたがそのなかの中くらいの大きさのオスを撃った。
前装、黒色火薬だから一発だ。一頭。

マイケル・チミノの「ディアハンター」最後のシーン。岩の上の鹿を撃たないところは印象的だった。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ