FC2ブログ

記事一覧

ファン・シューティング誌の火縄銃


昨日、ファン・シューティング誌、小川編集長、の11号、2010年冬号が届いた。

A4板、オールカラーで大変な製作だと思う。さまざまな若者向けの記事のなかに、日本の火縄銃関係では、8月の環太平洋大会2ページ、11月和歌山の全日本大会6ページを割いてくれた。

画像は誌面の一部、私が射撃台を掃除しているシーンだ。
シニアが多い日本前装銃射撃連盟は後片付けが早いと。

これは連盟が発足当初から、火縄銃射撃は「武道」だからきちんとするという伝統だった。
ここのところ少し忘れてた。

なかなか面白い点に気が付いてくれた。
射撃が好きでないと見過ごしてしまうことだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ