FC2ブログ

記事一覧

尾根が尖った先目当て


また火縄銃の照準器だ。
向島は尾根が刃物のようになっているのは誰かの加工だと言う。

この鉄砲は彦根の鉄砲で、今度、彦根で演武に使おうと計画している。重いが良い鉄砲だ。
全長130cm、銃身長100cm、2重ゼンマイカラクリ、未使用だ。

先目当て、しかし後付けではない。尖っていると言っても尾根は1mmほど平らだ。

これをどう解釈するか。

元目当てとの比較では高さは同じ10mmだった。元目当ての筋はまたひときわ細い。
細い筋には細い先目当て。

しかし相当な視力でないとこれは扱えぬ。

スポンサーサイト



コメント

No title

このような組み合わせでは、逆光時の照準はほとんど不可能。理解に苦しみます。
江戸時代人は現代の人間からは想像もつかない視力(分角能と汎焦点)の持ち主なのでしょうか。

No title

筋も測ったらとても細いのです。逆光ではほとんど使えません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ