FC2ブログ

記事一覧

大がかりな工事


工事の排水の部分を、県の施設に行くから直線で良いと言ったが、直線であると、また今度は県の施設がやられる。
水は難しい。

それでカーブを付ける。これがまた大変だ。正確ではないが、川幅で判断して行く。
そして夕方、「ユンボ」なる機械、ゴムキャタピラー、ブルも付いていおり、反対側にフオークリフトとクレーンがある多機能機だ。それで、渓流を塞いていた1トン余りの岩石、そして、昔人々が洗い物をしていたまな板型、長さ2mほどの石、これも同じくらいの重さがある、を引きあげた。こういう時が危険だ。

成功した。見てみるとその大きさに驚く、明日はそれらを所定の位置に入れる。

なお川のかってあった水車で使っていた石を、上に並べるようにお願いした。道具がない時代、
旨く穴をあけてある。

金曜日は入間基地に行くが、木曜深夜帰宅の予定になりそうだ。妻は激怒するだろうが。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ