FC2ブログ

記事一覧

これは古いC-1輸送機



日本の中型輸送機だ。たしか1980年ごろから30機くらいが、川崎重工業で生産された。

高翼、T尾翼、典型的な輸送機だが、いかんせん小さいし、航続距離が短いらしい。
私はそれに、ストール性は良いが操縦が難しいと感じた。離着陸600m。

スパン、長さともに30mだが、輸送機は積載に応じて操縦性能が異なる。機体のアングルが見ずらい。
一個小隊、武装を運べるが航続距離はどうとでもなると思う。日本の航空機産業は驚異的な航続距離で高名だ。
この諸元ならヘリでも代替できる。

ベトナム反戦が、短航続距離にしたのだ。

それに生産数が少ない。輸送機は国内外の民間機と共用できる。次のCXはそういう計画らしい。
航空機は300機作らないと、開発コストが回収できないと言う。

GHQ,そして反戦(労働組合を含む)が日本の航空機産業を散々傷めつけた。しかし、これからは
材質をはじめ、見返す時代がくれば良いが。

内部から他の1機を観た様子と、計器盤。

スポンサーサイト



コメント

No title

戦術輸送機はロッキード C-130 が半世紀にわたり不動の地位を獲得しているのは周知のとおり。
かって海軍もDC-3を早々に導入して、ゼロ式輸送機とした。
アメリカはこの手の機種づくりは上手い。

C-1輸送機 、本来出る幕がなかったのではと思うのですが。
ナントカ重工業を設けさせるための政治的導入でしょうか。

No title

最初は日本航空機、YS-11の、が開発、試作したそうですが、やはりベトナム反戦などで国会で反対が出て、何社かに見積もりさせたと記憶してます。

No title

国産に拘るのは、防衛上頷けなくもないのですが。
武器・兵器を輸出できない特殊事情ゆえ、調達価格が高止まりになるのが難で。
その一方で、戦闘機、イージス艦など超高額かつ最前衛装備はアメリカに実質選択権を握られているのもなんというか・・・。

No title

もう共産圏はなし、平和のためには武器輸出三原則見直しを公約に掲げない、候補がいないのもおかしい。

No title

平成22年6月24日付け防衛省発表
「与那国島上空の防空識別圏の見直しについて」
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/06/24a.html

やっと、あるべき姿に設定されました。
裏返せば、中国による台湾併合が「織り込み済み」になったということでしょう。
煎じ詰めれば、近い将来この空域が主戦場になると。

「周辺事態」は風雲急を告げているようですね。
本来、政治的争点になるべき事柄ですが。
わが国民は、こうしたことにはいまだ何も関心なく。
候補者のアナウンスする耳障りのよい、内向きのアッピールにしか耳を傾けない。

No title

台湾併合は時間の問題。先島諸島、石垣島など警察官の拳銃2挺しか武装なし。ヘリ空母、アメリカ海兵隊は武装難民などにどう対処するか。台湾併合の際、考えられるのは難民が沖縄諸島の半分くらいまでに進出して、そのまま中国領になることだと予測されます。

No title

アメリカ海兵隊は動かない、に1票。
自分で撃退するしかありますまい。

いつ、どのタイミングに便乗してで有事がおきるのか。
台湾の政変、海南島の海軍基地完成、日本の外国人地方参政権の定着。自由主義諸国の経済恐慌。
五年以内くらいにはありそうな。

No title

3-5年の間に、大きな動き、北、台湾、沖縄、北方、全部何か起こると思います。それらは、絶対良い方向ではありません。

No title

同感です。しかし年をとると悪い予感ばかり感じますね。

No title

それがまた的中するのが恐ろしい。自然災害なども含めて。
私は非政府組織のテロをまじかに見ているだけに現実的に考えてしまう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ