FC2ブログ

記事一覧

小橋良夫氏は兵器が分かっていた人


先日も話題に出た。

小橋さんは銃の趣味では大先輩だ。ライフル協会、前装銃射撃連盟、銃砲史学会などすべて。
先日、彼が35年ほど前に書いた、「兵器図鑑」池田書店発刊、B5版、255ページを見つけた。

これを読む限り、小橋さんは相当に兵器全般の知識のあった方だと感じた。

彼と世界大会に行ったことはない。と言うのは、私が参加する前の世界大会で「立ちション」をしたり、飲み過ぎたりして、その後参加を自粛したと聞いていた。しかし名射手だったし、知識も豊富でいろいろ教えてくれた。

目白の方で公務員をやっていたが、最後に覚えているのは、前装銃連盟の会議が終わり、寒い夜だったが、とても体調が良くない様子であったことだった。竜ヶ崎の自宅に帰るのが難儀そうに見えた。

肝臓を患っていたそうだ。それからまもなくして亡くなった。

古式の銃砲から近代まで、日本のものから世界のものまで広い知識があったとこの本を手にして
おそらく聞いておくことは沢山あったと感じた次第。

スポンサーサイト



コメント

No title

小橋さん所さん 各氏の本は沢山集めました 参考になります
又文華堂にあさりに行かなくては

No title

文華堂も不況の波をかぶってました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ