FC2ブログ

記事一覧

ゲゲゲと「北斎」の関係


葛飾北斎は18-19世紀を生きた、長い製作人生をもつ、これもはちゃめちゃな芸術家で、世界100人アーチストに日本人で唯一選ばれている人だ。

彼のシリーズものに「漫画」と言うのがあり、ユーモラスに、優れて観察眼で庶民、侍も含むの
動作を描いた作品がある。「漫画」はここからきたものだ。最初に見たのはニューヨーク。

特に鉄砲の様子は何ページかに編集されているし、弓、槍、剣道、取り物などおある。

それらは実によく見ており写実的であるが、ところどころに想像画、それには大別して2種類あり、その一つが「妖怪」だ。

実にいろんあ「妖怪」が出てくる。小沢はいない。

水木先生は北斎との接点を述べたことはないが、何となく、共通点があること。
但し、北斎にはゲゲゲの女房はいなかった。

画像は、銀座松屋で行われる「ゲゲゲ」展の入場券。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ