FC2ブログ

記事一覧

脇差鉄砲は武器か


徳川斉昭公考案、模造品、として「遊就館」図録に掲載されている。

どうしてこれが、国のためにこころならずも命を失った英霊に触れるための資料と関係あるのか
理解できない。

スペインの世界大会にフランスチームの一員がこのようなものを売りに来た。
A爺さんが興味を示した。私は「止めろそれは今出来のもので、持って帰っても登録が取れない」と。それは雷管式だった。この写真のものは雷粒で発火するようだが、なお悪い。
雷管はハンマーで発火させるのでなく、手で押して発火させる方式なのだ。柄も長く頑丈なもの。

従って菅は細く、短く、雷管も平たい小型のもの。相当力を入れないと発火しない。
その時は銃はぶれているから、1m先の新聞紙にも当たらないと言うようなものだったと記憶している。

この写真の銃は装填し雷粒を入れてまま腰に差したりしたら、とても危険なしろもので実用には
ならぬ。

本当にこのようなものが武器と数えられるのであろうか。
少なくとも、この図録に掲載するようなものではないことだけは確かだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

水戸列候は尊王攘夷の念篤かったので、取り上げられたのでしょうか?
自ら刀を鍛錬したり型破りな殿様だったようですが。
鉄砲には素養がなかったようで。

この藩は内輪のいさかいばかり多くて、維新では期待されながら活躍はなかった。

No title

御三家は維新への貢献はなかったが、障害も少なかった。
水戸天狗党の悲劇などもありましたが。この脇差鉄砲は偽物です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ