FC2ブログ

記事一覧

仏教ブームとカラオケ文化


昨日、聴いた二つの講演のテーマだ。

金子啓明博士の「仏像ブームと社会的意義」と言う話。ちょっと予想と異なり、展示とか、照明とか、
なになに展にいかに多くの観客が入ったかと言うような内容であった。
これは紹介者はちょっと頭が痛い。

薬師寺展の阿修羅の展示はなかなか考えたそうだ。2段で見れて、目線の高さを。少年の仏像であり、
観客は皆、顔に見とれている。
観客は仏像を眺め、仏像と一体となる時間が欲しいので大勢の観客にそれだけの時間をあげることができなかったと。

その背景は「心を失った仏教」にあると。
日本は優れた人から人へ、埋蔵でなくて、の文化が存在する珍しい国だそうだ。

続いて、池井先生の外交研究会は、「カラオケ」の話だった。上海で、日本大使館電信員が自殺した事件、海上自衛隊のデータ漏れ事件、同じカラオケ店から発生していた。世界的なものになったカラオケ、
中国はうまく利用した。

中国は数年前まで古典的なスパイ手法を使っていた。日本人も直ぐ忘れるが、そういう事件は数年に一度
起きている。友愛も良いが、スパイには友愛はない。先日の尖閣漁船もスパイ船だった可能性は大いにある。日本の内閣に中国に情報を漏らしている人間がいることも確かだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

写真家の土門拳は哲学的な仏像の写真で有名になりましたが、小難しい理屈などなく薄暗い落ち着いた空間で、仏像と対面していると心が休まる。そういうことなのでしょう。

仏像と自分の間に生臭坊主が、こちらに尻を向けて割り込んでくるのがどうもいけない(笑)。

No title

葬式が簡略化されて寺は収入が大激減だそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ