FC2ブログ

記事一覧

菅総理にカンロクねえなーと流れた声


一昨日の自衛隊記念日、観閲式で観客席から思わず、流れた声だった。

本当は婦人自衛官部隊、看護学校部隊の前を通過しているので、そちらを向いて、胸に手を当てねばならない。
観客席側に手袋を握って、手を振った。

観閲台の付近の観客席は、自衛隊の各種団体や、駐在外交官、武官など身元の知れた人々で固められていた。だからこちらを向く必要はない。

観閲を受けるのは総理自身であり、総理は3800名の隊員の方を向かなければ。

恐らく、外交、や安全保障に関する薄い知識、自信のなさがこういうところにも出てしまうのだ。

ところで、前の「U.S.Forces]と表示した席には、日米安保50周年とめいうってあったのに誰も来てなかった。

スポンサーサイト



コメント

No title

米軍とは基地問題のほかに、輸出3原則の問題が浮上してきています。
ボールは菅総理にあるので、欠席は早く投げろと、しびれを切らしている。

という「サイン」と見るのはうがちすぎか・・・。

No title

なぜか?連絡ミスか?とにかく不思議な光景でした。しかし、
F-15、3機編隊は飛んできましたが。あっと言う間のあいだだけ。

No title

観閲官が観閲部隊の前を移動しつつある場合は、無帽の敬礼は必ずしも必要ではなかったのではないでしょうか?通常は、その後のお立ち台で通過する『全部隊』に対してと、栄誉礼を受けている間、指を揃えてピンとのばした手を胸にあて続ける(それが嫌なら、鍔付帽を着用し、挙手の礼!です)。断片情報では「中国の脅威」を具体的に挙げたと聞いて「やっぱり、その場その場の対応能力だけは高いなぁ」と思ったのですが、根っこが『反戦』『反政府』ですから、儀式典礼が全くダメなんですね。↑の正に対極に位置する自衛官とその関係者の前では、付け焼刃すら付かなかったでしょうが・・・普天間も十数年の地元対策の末の自民案を勝手にひっくり返した挙句、「何十年もほったらかしにしてきたツケが・・・」ですからね・・・貫禄を云々する前の問題ですよ・・・「尖閣は安保の範囲内」という米側の仏顔がいつまで続くかが心配です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ