FC2ブログ

記事一覧

民主主義の建前


趣味と社交のために入っているクラブだ。アメリカで11年間も働き、銃砲を研究したので、懐かしいと。

今夜、「タウンホールミーティング」に行って来た。皆の意見を聞くと言うような意味の会。約180人参加したが、日本人は10人くらい。

このクラブは麻布台に3年間かけて新設備を建設中で、1月に完成する。
しかし、リーマンショック後、海外からの会員が帰り、収入が減り、来年○億円の赤字になる見込みで、つぶれると言う。全会員に10万円出させ、キャシュフローを補う案は先回、僅差で否決された。
しかし新しい会員システムを作り、収入を増やすと言う案は、圧倒的多数で可決された。

そんなことで、新しいタスクフォースグループを作り、新しい予算を作成し、この赤字を埋める案が発表された。「チェンジ」が合言葉だ。

全員高学歴の一流の人たちだが、意見は意見のための意見で、まあ彼らは子供のときから、そういう
議論にならされている。私は、慣れているから驚かないが。

私はどちらかと言うと、これは嫌いだ。しかし、聴いていると何か頭に新しいアイデアが出てくるから
不思議だ。はじめは何がなんやらわからないが、1時間もすると彼らの言っていることが映画のセリフの
ように理解できる。

会員が満足するかは別にして、この危機を乗り切ると言うまとまりで最後は終わる。面白いプロセスで
これが理解できないと、外交も仕事も出来ない。

日本人の組織の意思決定、根回しの意識はみじんもない。ぶっけあうだけで、結論を出す。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ