FC2ブログ

記事一覧

駅の安全ドア


ニューヨークに10年以上いて、やはり便利なのは地下鉄だった。路線を覚えれば、東京と同じ便利なものだった。しかし、人身事故は毎日のようにどこかであり、複雑な路線だから全部が影響受けた。

東京に戻り近所に開通した路線に行き、感心し、また安心したのはこの安全ドアだ。
「これは素晴らしい」と感じた。

JRなどでも一部だけあるが、地下鉄でも2種類。
半分まで被っているのとこの路線のように全部、天井まで被っているものだ。

火災などのことを考えているのだろう。
仕事を辞めてから、近所に同時に4路線も開通したこともあり、毎日、地下鉄だ。同じところに行くにも
幾つかのルートがある。

ニューヨークでは息子と出かける時は、彼に任して安心していた。奴はタクシーに乗ることのない、学生だったから、路線が頭に入っていた。24時間営業の地下鉄派だった。

ニューヨークの良いところは一律料金でカードは入口だけ。だから日本から来た客でカードのない人には自分がまずは入り、カードを渡して一枚のカードで何人か決済できた。東京ではバスは出来るが、地下鉄は駄目。これが不便だ。

スポンサーサイト



コメント

No title

NZで大きな地震がありましたが。
この防壁、列車の乗員乗客と、ホームの人とどちらを守るのでしょうか?

No title

基本的には人間が線路に落ちないようにしているので、電車が止まり、線路を歩いて来た人の上がるところは別にあるようです。地震には安心と言う人と、地震がきたら駄目と言う人がいます。洪水が恐ろしいそうです。地下鉄に水が入る恐れが北区の方であり、一旦入ると都心までアッと言うまに水がトンネルを流れてくるそうです。いろいろ説があり本当のことは分かりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ