FC2ブログ

記事一覧

傾くけてくれた戦車


日本の戦車は、姿勢の制御が優れていると何かで読んだ。

高低、左右、そして前後に、かなりの角度、簡単に傾くのだ。
これは日本の地形が、山岳などが多く、砲を発射する際に、戦車自体を地平線に対して水平にしておかなければならないからだ。射撃の基本だ。小火器でも射手が傾いていると命中率が悪い。
そういう意味で、狩猟に行き、あれ当たらないと思った時は、斜面に立って発射した時が多い。
同じことだ。

この画像は水平な舗装道路で74式戦車を極端に左に傾けてくれたものだ。
2-3mしか離れていないところで見ると、見事なものだ。迫力があった。

操縦士はきびきびした熟練者だった。戦車の乗員には、ひとつのパターンがある。
断じて、北の後継者は戦車操縦の名人ではない。体格と目つきが違う。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ