FC2ブログ

記事一覧

イモノの砲塔 61式、74式


昨日の続きだ。良い写真があった。

61式右と74式左を後方から撮影したものだ。先日の武器学校新棟落成式に行った際撮影した。

これでみると開発生産の流れが良く分かる。

砲塔は大きな厚い、鋳物の鍋のようなものだ。
装甲には角がない。

74式のスクラップはまだこの装甲に機密部分が多いので、隊内で行うとも聞いた。
大変な手間だそうだ。

頑丈に壊れ難く開発製造したものだから当たり前と言えば当たり前だ。

三式戦車はアメリカの博物館では一両も観なかったので、スクラップにされたのだろう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ