FC2ブログ

記事一覧

ジムに行きテーピングのことを話した。


諏訪の試合、グラブのテープが外れた、レフリーに注意され、上にまたテープを掛けた。
血と汗でぬれていたので、それをまずふき取ってからだ。2-30秒は掛かった。
相手はコーナーでロープに寄り掛かり休む。流れが変わる。こんな腹立たしいことはない。

先日の中村の試合でも同じことが起こった。

会長に言った。こんなことは許されないと。テープの質が悪くなったと言う。
最高のものを最良の方法で巻く。
靴も同じだ。試合中に紐が解けるとかは許されない。これはまだうちのジムではないが。

少し練習してから歩いて内田君のストレッチに行った。
久しぶりだ。筋肉を柔らかくする。

そして歩いてクラブに行き、ジャグジィーに入った。
ロッカールームで、目ざとく、私のトランクスに気が付いた人に、ボクシングを勧めた。
「私の年で大丈夫かと」と言うが、年は関係なし、ボクシングは運動の科学なので、それを楽しんで、体と頭を鍛えると。

そして家まで歩いて帰ったら、もう夕方だった。

画像は先日の試合。旭日旗のトランクスの選手がいた。彼は勝利した。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ