FC2ブログ

記事一覧

十一年式軽機用三脚架


この実物はアメリカで2個観た。
図面はブラスさんが見つけて来たものだ。

ひとつはオレゴンの軍事博物館(ポートランド)、州兵の施設らしいが、日本軍ものは九七式中戦車をはじめ系統的に沢山ある。特に機関銃とその備品もだ。

家内を助手にして1日中、見て回り撮影した。その時にあった。
製造は「南部」だった。程度は良く、欠落している部品はなかった。また写真も沢山取って。ポジなので手元にはないのが。福島のライブラリーに整理しておいてある。
(ここは武器庫だと誰かに筋に報告されたが武器は置いてない、合法的に無可動化したものは現在武器学校に貸与してある。武器兵器の膨大な書物と資料の倉庫で純然たる学術研究用である。)

話を戻すと、その実物はこの図面、1蜘蛛みたいなものだ。

二つの姿勢、地上用と、高射用に直ぐに転換できる仕組みになっており、さらには折り畳んで運搬するよおうなものだが、かなり、兵器芸術品の時代(1920年代後半)複雑なものだ。

開発者は南部麒次郎氏以外には考えられない。
もうひとつはウエストポイントにあったが同じものだったので、詳しくは観なかった。数多く作られたものだはないし、高価だったろう。

考えてみれば10年間、休暇と言えば米国中の軍事博物館で日本の武器兵器ばかり見ていた。懐かしい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ