FC2ブログ

記事一覧

35m2連装対空機銃


時代的には第二次大戦終了頃の兵器だ。

日本には35mmはなかったし、説明板には国名、制式名はない。

長さ3150mm、重量6.4トン、初速550m、射程5000mとある。

現在なら携行誘導兵器なみの性能だが、速度が速くなった航空機ように2連にしたのだろう。
箱型弾倉を使用したのだろうが。

日本の対空砲は海軍25mm、13.2mm同じ形式で箱型弾倉。
陸軍は20mm、箱型弾倉、一部移動式はあったが、基本的には固定式。

佐山さんの本には40mmボッワースで似たような試作品が出ていた。

どういう由来の兵器か知りたいものだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

35mm二連 高射機関砲 45年前 四街道の高射学校の教育にて実物をみせられ 相手の目の前に弾幕を張り撃墜させると 自慢されましたが にたような恰好です
私は75mmスカイスィーパーという連装高射砲の取り扱いでしたが。

No title

供与兵器ですか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ