FC2ブログ

記事一覧

「特別攻撃隊の記録 陸軍編、海軍編」


この夏、3冊の特別攻撃隊の本を読んだ。
そのうちの2冊、光人社刊、押尾 一彦著「特別攻撃隊の記録」 陸軍編、海軍編の内容は目新ものではないが、特別攻撃隊の編成別、出撃日と場所の淡々とした記録である。

靖国神社にもあるが、全出撃機3461機の全搭乗員の名簿が掲載されている。

今、なぜ特別攻撃隊か?
この60年余、日本人だけでなく海外でも人々の「特攻」に対する考え方は随分変ってきた。
戦後間もない頃は、左翼だけでなく、進駐軍の方針もあったのだろう。「特攻」を肯定的にとらえる者は少なかったようだ。

今は、当然学校教育で「特攻」そのものを肯定的には教えてないだろう。
しかし、事実と背景は軍が若い操縦者を煽り、もしくは強制し出撃させたというような単純なものでないことはだけは明白だ。
また、戦闘として「特攻」は邪道であり、効果はなかったと言う意見も的を得てない。

「国を愛する気持ち、家族を愛する気持ち」は今も昔も、日本も他国も一緒である。
「特攻」にそれらがあったことが段々に理解されてきた。
極端かもしれないが、「君が代」を歌わない選手やチームは国際競技で勝てない。
靖国神社を否定する政治家は、本当は近隣諸国に軽んじられる。

日本の「特攻」はアラブゲリラに悪影響を与えた。しかし、むやみに民間人を巻き込むテロと、
日本が1944-45年に掛けて行った、正規の戦争状態とは当然話は違う。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ