FC2ブログ

記事一覧

謎の拳銃収容嚢 浜田式用と判明。


大分以前だが、日本の骨董市で「九四式拳銃ホルスターです。」と言うものを手に入れた。
残念なことに、蓋の表には「森岡」(右より)と墨で書かれており、内部にはへたくそな文字、縦書きに
右から「九四式拳銃ケース、近衛師団長陸軍大将三○森岡守成閣下所持 大正十三年恩賜軍刀」と書かれている。どうも恩賜の軍刀と一緒だったものらしい。

これが九四式拳銃用でないことは一目見て分かった。予備弾倉の収容ポケットが外に付いているが、それが九四式8mm用としては明らかに幅が狭く小さい。

かなり使い込まれた収容嚢で、革がほどよく時代がある。端に濡れた跡があるので、野外にも出たことがあったのだろう。

しばらく置いておいたが、中田商店で、各種軍用拳銃のソリッドモデル(合金製で稼動部分はなく、黒く塗られている)を購入してきて一つづつ合わせてみた。

何と、浜田式拳銃がぴったりだった。

浜田式は7.65mmなので、弾倉は九四式よりは小さい。
森岡大将が本当に浜田式拳銃を持っていたかどうかは明らかではない。
このへたくそな書き文字がなければ相当価値があるものだろうが。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ