FC2ブログ

記事一覧

5年前の今日は、

やけに良い天気だった。晴天で気温も高かった。
いつも通りオフィスに行き、朝の打ち合わせが済んだ頃、東京にいた家内から電話があった。
「ワールドトレードセンターに飛行機が衝突した。」と、なんてことはない、オフィスは同所から車で数分のところだった。家はその中間だ。息子に電話した、彼は学校が遅く寝てたらしいが、すでに家内の電話で知っていた。「デジカメ借りていい。」と聞いた。「どうするんだ、近くに行く、気を付けろ。」と。
オフィスの外に出て、河岸の公園の小高いところから見ると、例の光景だ。
まもなく、私達がいる方角からもう一機が南側の建物に衝突した。これは大変なことだ。

河岸沿いの道を人がどんどん避難してくる。みんな我々のような普通の人々だ。
妙に顔が引きつっている。中には煤だらけの人もいた。
まわりの人が「ウオー」と言うような声を上げたときに北側の建物が崩壊し、まもなくもうひとつも崩壊した。変な臭いが漂う。

オフィスの若者が来て、「救助に行きたいが良いか。」と許可を求める。
幸いオフィスには東京の本社のように、全員分のヘルメットと皮手袋が用意してあった。
それらを身につけて10人ほどが必死の表情で向かっていった。すでに二つの建物のあった場所は埃の渦だった。
崩壊した建物の直ぐ近くにいた息子から電話があった。「夜になるとバッテリーが沢山要ると思う。」クライアントは日本の大手電気メーカーだった。直ぐに会長に連絡した。やがて倉庫にあるだけの懐中電灯、バッテリーをトラックに積み、保安官の車が先導して現場に向かったとのことだった。

とにかく、一生忘れられない一日だった。
また、この2000年間の歴史がどれだけ世界にひずみを与えているか、それを絶えず認識させることに
なった日の始まりだった。

半年後に9年間の勤務を終えて、日本に帰任した。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ