FC2ブログ

記事一覧

クロスボーはモダンアート


先日はベルのヘリがモダンアートミュージィアムに展示されていることを紹介した。

このクロスボーもそうである。

デザインは15世紀以前からそう大きな変化があったと言う感じはないが。

たしかに、機能と美しさを備えた一品であろう。

そろそろアメリカ大陸の北部では猟期が始まる。

最初の3週間ほどは弓矢だ。このようなクロスボーを猟に使うのはあまり聞かないが、製品として作った背景にはクロスボーで猟をする人たちがいるのだろう。

次がブラックパウダーの銃だ。そして一般の猟銃の猟期となる。

いずれにせよ、渡り鳥はもう南に到着しつつある。

弓の先端にあるリングが弦を張る鍵になっているのだろう。

スポンサーサイト



コメント

No title

これは狩猟用ではなく、ボルトを飛ばす競技用のクロスボウ。付属品で専用のコッキングレバーがあり、先端のリングは弦を張るのとは無関係。リアサイトは向きが逆。

No title

ありがとう。「リアサイト」の向き、その時気が付けば、館長に言えたのに。先日の昔のクロスボウはハンドルを使って弦を張るようになってましたが。リングは何のためでしょう。壁にかけてもストックが
邪魔になるし。うでに絡めるスリングがあったのでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ