FC2ブログ

記事一覧

相馬の銃口は低かった。


メインイベント場の野球場には多くの見物人が来た。

とにかく都心で4時間で500発発射するイベントだから、付近の近隣諸国、インパキ系その他出身の分からぬ色の黒い外人はびっくりしていた。

画像は百人隊の演武が終わり、相馬の8人の演武、立ちの斉射だ。

およそ40m先には見物人が数列に、座り、立ち、子供を肩車して、「危ない」と感じた。

確か、武道館の演武でも30mくらい先のしかも2-3階の観客を移動させ空けさせた。

野球場は野外とは言え、同じ三十匁を使用したので、矢先の住民は飛びあがった。

警察はこのことを言っていたのだ。他であった事故のことでだ。

幸い、無事故だったし、泣いた子供もいなかった。

しかし銃を人間に、どんな状況でも向けてはいけない。
この基本の理解、これは実弾を撃つ人たちには
3原則の一つとして厳重に守らなければならないことで、本当は百人隊のように上を向けても危険性は残る。前装銃射撃連盟やライフル協会の役目は大きい。

また1、こういう時に17人も付きそって来た警官が注意しなければならないのであり、私がしゃしゃり出る雰囲気ではなかった。今考えるとぞっとするが。

スポンサーサイト



コメント

No title

>しかし銃を人間に、どんな状況でも向けてはいけない。

これは鉄則ですね。
実弾であっても空砲でも。大いに危険。

写真と本文だけでは、軽々にコメントできませんが。
主殿が「危ない」と感じたのであれば、この団体は早急に危機の所在を共有し、改めるべきでしょう。

事が起きてから、結果論で「前から危ないと思っていた。」では遅し。
所轄の巡査は、必ずしも銃器の危害予防に長けてはいないので。

No title

所轄は相当管理したつもりだが、肝心なことが抜けていた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ