FC2ブログ

記事一覧

落日国家からの脱出


他力本願では駄目だ。

自分でやらなければ。

世界同時減速と複雑化はますます進行する。

左翼の仙石さんが、消費税増税、原発再開を発言するほどだから国内の情勢もどんどん変化しているし、変化に追いつけない人はやはり駄目だ。

先日ある会での発言、考えられないような古臭い言葉の羅列、それを押さえられない幹部。
愛想が尽きた。

同じことだ。

多分、一丸となってやれば日本は脱出できると思う。
少子化は長期の問題。
経済が良くなればまた異なる局面も。

それよりも注意すべきは、他国の情勢をよくウオッチして分析し、どう影響するか、その対応が
必要。

政治家も一部を除けば真面目な人が多い。ただし、頭が固い。

スポンサーサイト



コメント

No title

アジアの拡大しつつある市場のすぐ近くにあり、生産力と流通拠点を持っている。
ほおって置いても好調の波に乗るような。
そんな国がなぜ落日国家の憂き目を見るのか、素直に考えれば不思議千万。

「足りないのはコストか、開発力か、スピードか。いや、そのすべてだ。」
そんなCMがありましたが、そんな難しい話ではなく。
フィジカル、コミュニケーションの部分で実業界ではもはや邪魔者でしかない世代がいまだ盤居しているから。とはインターネット界の定説。

No title

企業の社長年齢は年々高くなってます。それなりの企業と、ベンチャーなどの新興企業とのバランスが悪い、その壁を打破しようとする意気込みが社会にない。革新である党が、その悪癖を踏襲しているとか、矛盾が多すぎるからではないですか。教育とか
就業とかに一種の社会革命が必要と強く感じます。

No title

あくなき経済成長はもう見直して、「ロハス」や「エコ」に小さく清く貧しく固まってしまおう、という社会風潮が震災以来広まっています。

米のイラン制裁に追随して石油輸入を止めると、見栄坊を絵にかいたような財務相がしたり顔で会見。
隣に立つガイトナー米財務長官の、何か戸惑ったような表情。

厳寒の需要期にエネルギー調達を細くして、政府は何を目指すか。
「ロハス」で「エコ」な江戸時代へ帰るのか。

No title

無理ですね。現代と近世の日本は社会の仕組みが違います。
それにしても今の与党と言っても半分しか機能してないが、人材払底。防衛相には参ります。解散、総選挙、政党再編成は今年
前半の課題です。

No title

昨今流行の「ロハス」も「エコ」も、植民地(都市部の不動産や配当金、最低でも年金)があってはじめて実現出来るものだと思います。「命金」しか持っていなくて一定の現金収入がなければ、「ロハス」でも「エコ」でもなく「住む場所があるホムレさん」でしかありません。
それにしても、「当てはめ」「埋め合わせ」の改造内閣人事ですね。
首班自体が、「消去法」とか「暫定」だから仕方がないでしょうが…唯一、評価出来るとしたら「死刑前向き」発言の法曹界出身法相だけですね。

No title

原発停止でもうCO2の削減は無くなりました。鳩山宣言は残ってます。この解決はどうするのでしょう。

No title

前首相と孫さんが仕組んだ「電田発電」もどこかに行ってしまったようですね。「エコイスト」が絶賛していましたが、位置的問題等技術面で現実的で無いのは最初から判っていましたが、100億寄付した見返りとしても、「ヤッパリ」という感じですね。
もしも、太陽光発電に頼るなら「全量直接買取制」で電柱の様に「場所代(租税減免とか、一定額支払い)」にしないと維持が出来ません。購入助成金支給と逆ザヤ買取を続けるだけの体力は、国にも電力会社にもありませんからね。
鳩山宣言実現は不可能です。原発稼動していても「?」な数値ですから、、、

No title

北海道の発電風車は運転してもほとんど逆ザヤ。
ベアリングが磨耗して、修理費に4千万円と。

たまりかねて、運転停止してモニュメントにするとのこと。
子どもたちに代替エネルギーを学ぶ教材にとは、町長さんの弁。

役にも立たず、そびえる風車から子らは何を学ぶか。

No title

やはり総合的に考えると、自然エネルギーはまだ数十年かかります。それまでは原発でなんとか繋ぐのが現実でしょう。

No title

今、エネルギー関係で一番問題なのは「純粋な技術論」ではなく「一時の感情」だけで「危険」、「不要」という風向きになっていることです。
自然エネルギーに完全移行出来るまで半世紀程度、それまで相変わらずの化石燃料頼りでは、負のスパイラルにはまり込むのが明白です。
ま、「市民グループ」の真の狙いは、「反権力!現政権打倒!革命政府樹立!」で、エネルギー問題なんてどうでもいいのでしょうが…

No title

同感です。論理より感情。原子力は核被爆国としては仕方ないが、科学だから、廊下に座り込むような問題ではない、と。

No title

目下、稼動している原子力発電所は5基、4月末にはゼロになります。
表向き定期点検とはいえ、国論、政治が再稼動を許さない事態。
反対派の人々には、小気味良い事態かもしれないが。

現在、エネルギーの入手先は多角的であり、心配に及ばないと政府は説明しますが。
野田政権が米のイラン政策に盲従して全面禁輸、続いて戦争となれば、昭和48年の大混乱が再燃する危険性さえあります。
遡れば昭和16年の開戦も、エネルギー問題が大きな一因であったことを忘れてはいけません。

いつもの繰り返しになりますが、
水と食料とエネルギー。
最低限これを国民に保証できない政府は存在価値なし。

No title

原子力発電を段階的に再開していかねば、日本の経済は成り立ちません。今の円高もエネルギーために維持する、と言うような理屈もつき、悪循環です。イランとアメリカはどこかで衝突するでしょうね。しかし大統領選まではない。またアメリカもかってほどイスラエル寄りではない。かえって複雑で、戦争の可能性は高いです。

No title

エネルギー問題で唯一の希望であった「東支那海のガス田」を中共に乗っ取られてしまったのが惜しまれます。前政権の防相は「原潜通過で試され、完全に舐められてしまった。あのとき、国際法に則り爆雷の一つも落としておけばこんなことにはならなかったはずだ」と非公式に言っていました。「領土と国民の生命財産を守れなくては国家ではない」とも・・・中共人に水源地を買い漁られ、電気もガスも民間企業任せでは、遠くない将来日本自治区になってしまうでしょうね。

No title

中国のこのままの勢いでは、台湾→沖縄→朝鮮半島、そして
日本列島にくるでしょうね。しかし、唯一の希望は「カミカゼ」と言うのも情けない。

No title

政府は、全国の排他的経済水域の基準となる無人島のうち、公式な名前がついていない39の島に、名前をつけることを決めたそうです。

国が名前を知らない離島が39あり、それが排他的経済水域の起点になっていると。
乗っ取られるはずです。

No title

当たり前です。「大和」「武蔵」「赤城」「加賀」「金剛」「利根」・・・・などを提案します。1

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ