FC2ブログ

記事一覧

杖術の話し


部屋の隅に立てかけて置いて何年も関心を示してなかった。

昨年の武道大会で杖術を観た、これがその道具かと。
180cmちかくある、所謂六尺棒だ。

太さは28mm。白樫を丁寧み磨いてあり、拭き漆で仕上げたのだろう。

手を滑らせても引っかかるところはない。

江戸期、百姓、町民、刀を持てないものが旅の杖を武器にした。

打つ、突く、払うの3方法の使い方があるそうだ。

HP日本の武器兵器に記事を書いた。

スポンサーサイト



コメント

No title

私はやっています、気持ちがいいです。

No title

杖術を。素晴らしいことです。私は釣りに渓流に降りるステックとして、同じ棒、新しいもの、を携行します。とても便利です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ