FC2ブログ

記事一覧

平成24年度防衛予算の概要説明


日本の防衛予算はGNPの1%を基準に編成されている。

昨年は、北東から南西へのシフトが一つの要素としてもりこまれた。

同じ、防衛省の市川 道夫氏が来られ、防衛懇話会(丸の内工業倶楽部会館にて)でご説明いただいた。

昨年は23年度のご説明を聞いてから東北災害があり、その支出を補正予算で賄った。

今年も幾分あり、それが2%くらいで、その分は積み増しとなる。

目玉は時期戦闘機F-35の購入などがあり、このあたりがこれから10年間ほどの原動力になろう。
潜水艦、ヘリ空母型イージスが一艦づつ。

陸はあまり大したものはない。運営のための経費が災害対策の継続で掛かるからだろう。

Xバンドの中継機、衛星だが、このプロジェクトは今後19年間にわたるそうだ。

防衛予算を倍にすると言うなら産業も活気つくが、これでは?

質問も何も出なかった。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ