FC2ブログ

記事一覧

二刀流の木刀


両手に剣や短剣を各々保持し戦闘する方式は、西欧には多く見られる。

いずれも柄や鍔に工夫があり、戦闘し易く作っている。

日本にも幾つかの流派があり、中でも宮本 武蔵[16世紀)の「二天一流」が有名である。

この2振の木刀は、長いのは全長90cm、短いのは54cm。各々に皮の鍔が付いている。
刃長は66cmと40cm。

作としては戦前のものであろう。比較的軽い。

どちらにも打ち合った痕跡はない。きれいなものだ。

江戸期の武家諸法度はかなり厳格に武士の装具や作法を規定したある。
刀は2本差す。本差しは刃長2尺以上、刀。脇差はそれより短いもの。短刀は不可。

尾内に上がるときは刀は預けて、脇差だけを帯びる。等々。

従って長短2振の刀と脇差を使用しての戦闘は屋外で行われたのであろう。

スポンサーサイト



コメント

No title

平和な江戸時代には、刀で切りあいなど経験しない侍がほとんど。
それでも体面上、必ず二刀差さなければ外出も出来ない。

刀を二本帯びた生活を想像してみてください。

大刀は刃渡り70センチで、減っていない新身だと重さ1200グラム、拵えに入れると約500グラム増加して1700グラム、長さは1メートル。
小刀は登城用で刃渡り45センチ、同じく拵え入りで1000グラム。
合計2700グラム、2.7キロです。
足腰が丈夫ではないと、疲れてしまいます。

しかも裃着用ですと、だらしなく落とし差しにするわけにはいかず、水平に指すカンヌキ指しにするのが、作法です。
1メートルもあるものを、腰から水平に突き出して雑踏を歩くなど、現代人の感覚では邪魔でしょうがない。

稀に、脇差のかわりに18センチくらいの短刀を仕込んだ拵えを見ます。鞘は長いまま。
やはり少しでも軽くしたかったのでしょう。
大刀を竹光にするとさらに軽いのですが、出仕したときに預けるので。ばれてしまう。
体面を保たねばならぬ、お侍は窮屈で大変です。

No title

それでも一生に一度も刀を抜いたことのない侍がほとんど。
どういう時代だったのでしょうか?想像もつきません。

No title

平和だったのです。

無礼を働いた町人、百姓を切り捨て御免など、有名無実で実際には身分を失うとか。
いさかいで武士同士が切りあえば、喧嘩両成敗で双方取り潰し。

腰の刀が巷で役に立ったのは、幕末の一時期の限られた地域だけではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ