FC2ブログ

記事一覧

これらの中身は何に使われた?


時々、脇差などの拵えだけを見る。

中茎だけが残っていて、折られたものが多い。

中には珍しい拵えもある。それで大切にしてあるが、演武や古式大会で差した。

朱の鞘のものは柄に絹がまいてあり良いものだ。

どうしてこのような状態になったか、舞台工芸をやっていたМ氏に聞いたが、戦後モノが無い時代、
竹を裂くに必要な刃に短いかたなを折り、それを使ったと。

今となれば家に伝わったものもったいなかったが、背に腹は代えられぬと。

農家などでも道具にしてしまったのだろう。

数量てきに脇差は刀の倍あったと推定される。

スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。
寒い日が続きますね。ほとんど雪が降らない静岡県中部の住人
が申し訳ないと思います。
楽しい日をお過ごし下さいませ。

No title

私も静岡走ってます。雪の記憶はありません。

No title

町人も脇差は帯刀が許される場合があったので、沢山持っていました。
登録制度が出来てから、警察への届出が面倒であったのか。
これまた沢山の町人差が切断されています。
問題なく登録はつくのですが。

脇差すなわち町人差、という早とちりから。
中には大変良い銘の品も、折られてしまったりしています。

No title

もったいない、の一言です。家内の実家、町人にも、4分1の立派な
脇差の金物、小柄、一式がだけが残ってました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ