fc2ブログ

記事一覧

ふたつある兜


一組みの当世具足。恐らく全部揃っている。

鉄錆び地だ。

同じ出来の形の異なる兜が2つある。

現代人の感覚としては、屋内用と屋外用。式典用と戦闘用。などの使い分けがあったのかとも考えるが。

しかし、何かの理由があったのであろう。

この具足は幕末の作で、1-2回だけ着用されていた。

紋はききょうと藤巴だ。江戸の近くで出たから幕臣かもしれぬ。

スポンサーサイト



コメント

No title

1つの胴に2つの兜は、聞いたことがありません。
兜を奉納して、胴だけになった鎧が伝わっていたのは聞いたことがあります。

右の兜の「しころ」は少し不自然です。
左のように開いていないと、長柄武器で横殴りに首を狙われたとき、防御力が低下します。こちらが後家かもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ