fc2ブログ

記事一覧

新宿箪笥町


画像は、朝日さんのHP,「漢字紀行」の「箪笥」の項だ。

「鉄砲を入れる箪笥」があったのかどうかという記者さんの質問を受けた。

銃砲史学会で宇田川名誉教授に答えてもらった。

それをまとめた5ページほどの記事をいただいた。良く書けていた。

刀は錆びないよう、また危険防止のために横に長い箪笥がある。この箪笥は興味深いことに、急いで開けようと引き出しを引っ張ると、うまく開かない。刀が20振は収まる。

鉄砲はどうか? 箪笥はあったはずだが、みるのは台だ。3挺ばかりを立てて置くものだ。

松本城に「年代や使用方はわからないが」と、展示されているものを出していた。

現在は金属ロッカーに鍵を掛けて、銃は上下に分けて鎖で止めておかねばならない。4月の検査で写真を示す。
江戸期も銃砲所持は厳しく管理されていたから、同じような規則があったかもしれぬ。人権とか憲法も
なかったし。あっても同じことだが。

取材に協力して、このようにプリントアウトしたものを送ってくるのは、丁寧だ。
また依頼があれば協力することになろう。彼女は良い記者になるだろう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ