fc2ブログ

記事一覧

剣道稽古ギアは優れたアイデア


ボクシングの個人レッスンをクイック君から受けていた時、彼がヘッドギアを着け、胴には何も付けない状態で、打つ、よけるの練習を何度かした。
「自分の胴を左フックで打て。」と言われるのだが、いくら相手がプロでも、何も付けてないところを、本気で打つには若干抵抗があった。打ち損ねて、リブなどに当たったらと。(彼にとっては私のパンチなど何の影響も与えないのだろうが。)ボクシングにもいろんなプロテクター(勿論胴も)が存在するが試合は、トランクスの中と手のグロープだけだ。

その点、「日本の剣道」は大変優れた道具を使って稽古、競技をしていると思った。
面、胴、篭手、そして打ちモノの竹刀。観ればみるほど良く、安全にまた実質的に出来ている。
多分、歴史的に世界でこのような稽古ギアの試みは日本の剣道が始めてでなかったか。(千葉 周作先生の発案とも言われているが、江戸期に入り、各地の指南役「レッスンプロ」が工夫を重ねていったのだろう。フェンシングの歴史は知らないが。)

次回の東京オリンピックでは、私は剣道は「公式種目」になると思う。だから、いろんな国の人に会うと
「剣道をやれ、オリンピックに出れるぞ。」と言ってやる。

ボクシングも完全なる「電子ギア」を付けて、1R2分間、3Rの試合を、男女、年齢(3歳刻みくらいで)、体重別にアマチュアの試合を拡大したら、子供、女性、中高年にも広がるだろう。
電子ギアはグローブと頭と胴プロテクターを無線で結び、相手を打った強さと回数を数量化し判定する仕組みだ。(現在はそんなものはない。)無論、反則は減点がある。ゲーム感覚で審判がいなくても、コーチがみておれば試合ができる。
勿論、KO(ノックアウト)は出ないだろうが、安全だ。

画像の木刀、こういうものが剣道場で打ち合いに使われたとは思えない。バットに錘をつけるように素振りをして筋力をつけるのが目的だっただろう。
このような木刀で打たれたら、骨折するか、頭なら死亡する。

現在の日本の子供に必要な要素は、それは安全に「格闘技」をやらせることだ。新教育基本法にも入れるべきだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ