FC2ブログ

記事一覧

日本軍の優れモノ 携帯のこぎり


日本軍の土工具について書いている。

昔「日本軍の小火器と装具」で調べたものだがみ直して、詳細にしているのだ。

こののこぎりはおもしろい。

一辺20cmくらいの四角の皮革、もしくは帆布の収容嚢に丸めていれてある。

使う時は伸ばし両側の輪に棒を入れ、二人で挽く。

一人では操作できないのが難点だ。

刃は鋭くブルーを帯びて焼きが入っているし、つなぎのリベットもしっかりしている。

工兵隊は大小、多くの普通ののこぎりを持っていただろうから、歩兵とくに機関銃隊が陣地構築のために
携帯したと考えられる。

今の人間はのこぎりを使えないが、福島に置いてある、半月型の大きなもの、昔はこれで丸太から角材を
4本、何と言うとこなく挽いたそうだ。

この折り畳み式でも昔の兵士は上手に何でも挽いたのだろう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ