FC2ブログ

記事一覧

直下地震に間に合わせろ


私が大学生の時に出来た首都高だ。

気がついたら、どんどん補強工事が進んでいる。

先日は川の中の柱を紹介したが、これは曲がりくねって走る中間の比較的直線の部分。

下は消防署だ。

いつもは車が一杯でせいぜい40kmくらいで走っているが、時々やけに空いている
時間帯に走ると怖い。

レーストラックのように、曲がり、上下している。

地震が来たら今のままではイチコロなので、緊急に補強を進めている。

スポンサーサイト



コメント

No title

80年代初頭に1号線と都心環状線、阪神淡路の震災後にほぼ全線での
補修と耐震補強工事を実施していますので、旧耐震基準の建物よりは
マシだと思いますが、直下型がきたらもたないでしょうね。
でも、写真の現場は床板補修と裏面吸音板取付ではないでしょうか?
耐震工事は、橋脚が倒壊しないようにするのが肝です。

No title

そうですか。ありがとございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ