fc2ブログ

記事一覧

NHK番組『村に帰る』を見た


「川内村」は先日、天皇・皇后両陛下が訪れた福島第一から20-30km圏の村だ。

このコラムでは何回も書いたし、釣りをしたり、猟をしたり、それよりも買い物、ガソリンスタンドなど
自分の生活圏にある。

村のシンボルが「モリアオガエル」なので、村役場には「蛙」と「帰る」をかけたバナーがはためいている。

以前は3000人の人口があり、何らかの形で原発カンケイで働いていたひとが500人いたそうだ。

農業と林業の村だがなかなか独特の美味しいものがあった。

遠藤村長は、ここはもう元通りにはならないだろう。しかし新しいかたちで村を維持していくとの方針で
除染作業を進行させ、新たな企業誘致に乗り出した。

現在、1000人くらいが帰村しているがシニアなひとばかり、若者は子供となかなか帰らない。

郡山の仮設住宅に行っては若者の意見も聞いている。

私が見てきた限りでも、結局、村を離れ、一度都会に出た若者は帰って来る可能性は低いと
見なければならない。日本は都会のほうがはるかに便利で面白いからだ。

残念ながら。

なお、自分でも線量計を持ち歩いているが、格別に高い場所はない。逆にガソリンスタンドが
低いので、どうしたことかと思ったら、毎週、除染している。タイヤの放射能を恐れているからだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ