FC2ブログ

記事一覧

母死後の始末その2


相続の問題になると、こいつは本当の相続人か、本人は本当に死んだのか?

ここから始まると言うことを昨日、いろいろなところを回って知った。

司法書士にマニアルが無い。

とにかくまず司法書士の仕事だと聞いていたが。

彼は「除籍謄本」と言うものに一言も触れなかった。こういうものがあるとはじめて知った。
また彼女が私を生んだ、と言う事実が書かれた証明が必要だが、「住民票」で良いと言うことだった。

この司法書士は解雇しようと思う。

こちらは仕事の流れが分からない。それを系統だって説明しない。

そして税金を払い、相続するまではまだ道のりは長い・・・ビジネスの感覚で言えば
これは早く決定すべきだろう。

所詮、行政手続きは、家族、この人間が生んだ人間が一番大切な存在と考えているのだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ