FC2ブログ

記事一覧

オスカーとやまだようじ監督


「寅さん」の第一作の英語版を航空機機内用に製作したことがある。苦労した。
40年前のことだ。

松竹さんから浴衣生地とかいろいろ頂き、レコードも含めまだ持っている。

山田さんはどういう人だったのか、今でも私には評価つかない。淀川さんが生きているうちに
明確な意見を聴いておけばよかったが。

『私の履歴書』で倍賞千恵子さんとのことは一行も書いてなかったように記憶するが、彼女に気をつかったのかもしれない。
最近は、「東京家族」を観た。

残念ながら彼にはオリジナリティがないと感じている。「寅さん」は長くシリーズになったが、自分の作品の
パクリであり、第一作しか評価できない。「釣りバカ」も。「家族」はジョン・フォードの「怒りのぶとう」だ。「黄色いハンカチ」もアメリカの習慣だ。

「東京家族」は小津監督の「東京物語」だ。

それでアン・リー監督が監督賞をとり、15年くらい前ニューヨークのレストランで見かけた時と大変わりだ。
英語も上手だ。

「ライフウィズパイ」「アルゴ」は見た作品で妥当だろうと感じた。前者はファンタジーだな。

ホワイトハウスを巻きこんだのは「リンカーン」が作品賞をとABCも本気で予測していたからではないか。
「リンカーン」に出て来る傷痍軍人は本当の傷痍軍人でいかにもというニュースをCNNで見た。

言いたいことは本当に良い監督とはどういう人かだ。この「アルゴ」のベンも監督賞にはノミネートされてないのだ。

ずっとトレッドミルで走りながら見ていたので、耳も足も痛い。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ