FC2ブログ

記事一覧

富士火器演習には90両の戦闘車両が走ったというが

限られた場所でも数量的な圧倒感は少なかった。
 
長い海岸線に広がったら、大した勢力ではないな!と言うのが実感だ。

 
画像は「87式自走高射機関砲」、35mmのエリコン機銃を搭載していて2両が揃って、連発する。
局地用近距離対空火器だ。
 
毎年同じところで同じことをやる。
おそらく優れているのは後方に立っているレーダーだろう。
 
対空だが水平射撃しているのは上向けて発射すると、弾丸は富士山を越えてしまうからだ。
スポンサーサイト



コメント

No title

ガンタンクこと87式自走高射機関砲ですか。

この装備について、超高額のくせに、ツングスカや改良型ゲパルトと比べ、小型SAMが併用されておらず、時代遅れで、敵AHのATMにアウトレンジされてしまうと、批判するものがいます。

しかし、起伏があり、複雑な地形の日本では、とっさに物陰から現れた敵AH等を至近距離で撃破するには最適でしょう。

また、富士火器演習では、危険防止の為、水平射撃を行っていたとの事ですが、過去の戦争では、この手の装備を地上攻撃にも活用していました。その為、ある程度の地積のある島嶼の防衛に活用すれば、対空並びに敵水陸両用装甲車等の撃破に有効だと思いますが、如何でしょうか?

No title

その通りです。対戦闘車両には有効なる火力です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ