FC2ブログ

記事一覧

目を引いたこの銃

連休の最後の日、射撃に行った。
 
エー氏が行ってくれたからだ。私ともう一人(学校の先輩)がエー氏からコーチングを受けた。
他のグループの射座に入れて貰った。皆紳士で親切だった。
 
私のこの銃はめったに持って来ないが、やはり2-3人の人から質問を受けた。
ミロクのカスタムだ。
 
引き金が軽いのが、ちょっと気になるが装飾が綺麗なのだ。これだけの銃はない。
一緒に撃ったアイ氏は家も近所、偶然だった。私がライフルを撃つ前にクラウンで帰った。

 
スポンサーサイト



コメント

No title

一見。SkB5700の機関部によく似ていますが、 よい品ですね、 トリガーも、高級感があって目立ちますね、機関部のエングレープも見事ですが、1番の見所は、ストックですね、色々銃は拝見しましたが、ここまで美しいストックは、なかなか無いですね、 テキサス州在住の高野武先生も、同意見だと思います。 もっとも、アメリカのブローニングの散弾は、日本製ですがーーー。

No title

今晩は。

遠い昔、私が「全猟」の誌上で見た、英国製のハンドメイドの散弾銃に勝るとも劣らぬ素晴らしい出来栄えです。

先台と銃床の木目が美しく、彫刻と金象嵌細工、
特に金象嵌細工は古の武者が使用していた兜をあしらった、如何にも純日本調という出来栄えであり、まさに芸術品と言って、過言ではないでしょう。

ブログ主様より、今回、素晴らしい芸術品を紹介して頂いた事で、良い目の保養と共に自らの学びを深められ、心より感謝しております。

No title

彫刻は深彫りですね。
ミロクは、銃把と引き金の間の距離を調整してくれるオーダーが選べましたか?

No title

選べました。私は手が小さいので、短く。

No title

今までほどんど使用してなかったので、まだ固いのですが、少し調整をお願いしました。この銃でこれから一生使うつもりです。折角、皆さんから褒めていただき、使わないことには日本ではいずれ破棄になる可能性もあります。

No title

最初の1発(上下で2発か)は、パターン用紙に撃って正しく着弾するか確かめよと。

かってはそういわれましたが。
まあ、ミロクなら出荷テストで大丈夫でしょう。いまや少量生産ですから。

No title

やはりパターンテストは気になってました。こんど、前装銃の大きな標的でやってみましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ